見どころ

 

出雲大神宮

出雲大神宮
 
出雲大神宮は、千歳町出雲無番地に鎮座する丹波一の宮で、709年(和銅2年)の建といわれています。背後にそびえる御蔭山(みかげやま)を御神体山として社殿には、大国主命(おおくにぬしのみこと)とお后の三穂津姫命(みほつひめのみこと)がお祀りされています。社殿は、鎌倉時代に造られたものといわれており、三間社流造檜皮葺で、大国主命坐像(木造)とともに、国の重要文化財に指定されています。また、広い境内には、多くの摂社や末社が祀りされています。
当社は、縁結びの神様として有名で、近年には御神体山より湧き出る水を求めて、遠くから多くの人が訪れています。
なお、毎年4月18日の(鎮花祭/はなしずめのまつり)には、京都府の無形民俗文化財に登録されている「出雲風流花踊り」が奉納されています。
☎0771-24-7799
 
 
正面より
 
 鎮花祭で奉納される出雲風流花踊り
 

千歳車塚古墳

千歳車塚古墳
 
千歳車塚古墳は、出雲大神宮の西方約 600mの水田中にあり、墳丘には樹木もなく、古墳が造られた当時の姿をしており、口丹波に現存する最大の前方後円墳です。大きさは、全長80m、後円部直径41m、高さ7.5m、前方部の幅45.5m、高さ6mの整美な姿を残しています。
また、周囲には周濠をめぐらせています。
外部施設としては、葺石と埴輪が確認されていますが、その配置については不明です。当古墳は、その外形と出土した埴輪などから、5世紀代、古墳時代中期に築造されたものと推定されています。
 
 
 上空より
 
 北西から
 

丹波国分寺跡

丹波国分寺跡
 
国分寺は、聖武天皇が、五穀豊穣・国家鎮護のため、741年(天平13年)に詔を発して、国分尼寺とともに各国ごとに建立された寺で、丹波の国では、当時の中心地と思われる千歳町国分に国分寺が、またその西方450mの河原林町河原尻には、国分尼寺が建立されました。境内は、南北247m、東西243mのほぼ正方形で、回廊は、一辺138mの大きさで造られていました。
その中門をくぐると東に七重塔、西に金堂、正面に講堂が配されており、幅は、七重塔は16m、金堂は25m、講堂は36mあったと推定されています。
これらの豪華な建物は、その後焼失し、現在の本堂・山門・鐘楼は、安永年間に再建されたものです。また、ご本尊の薬師如来坐像は、11世紀の作で、国の重要文化財に指定されています。 なお、跡地は、亀岡市が買上げて、「丹波NEW風土記の里構想」に基づき整備を進めています。
(亀岡市教育委員会のパンフレットより)
 
 
 国分寺山門
 
 国分寺跡伽藍配置図
 

愛宕神社

愛宕神社
 
愛宕神社は、石松山(通称牛松山)の麓の千歳町国分南山ノ口1番地に鎮座し、507年(継体元年)の創建といわれています。
社殿には、祭神として、火産霊神(ほむすびのかみ)、伊邪那美神(いざなみのかみ及び大国主神(おおくにぬしのかみ)がお祀りされています。
社殿は、鎌倉時代に造られたものといわれ、一間社流造りで、国の重要文化財に指定されています。
また、当神社より山城の国の鷹ケ峯に分霊後、そこから愛宕山の阿多古神社に遷され、さらにそこから全国の一千余社に分霊されたことから、愛宕の本宮と尊称されています。
当神社は御祭神からもわかるように、火の神様で防火や万物の生みの親として、各地から多くの「愛宕講」の参拝者が訪れています。
なお、毎年4月24日の「鎮火祭」をはじめ、「火迺要愼」の御札を求めて多くの人が訪れています。
☎0771-23-9341
 
 
 神社入り口
 
 本殿と拝殿
 

八幡宮社

八幡宮社
 
社務所より本殿をのぞむ
八幡宮社は、千歳町毘沙門平松47番地に鎮座し、社殿には、祭神として応神天皇をお祀りしています。
当社は、もともと神応寺の境内に祀られていましたが、明治初年の神仏分離により、現社地内に祀られていた毘沙門天像を神応寺に移す一方、当社が現社地に移されました。なお、現在の社殿は、明治44年に新築されたもので、本殿は一間社流造です。
 

菜ばなの里

菜ばなの里
 
毘沙門営農組合では、圃場が整備されたことから、麦作跡地の高度利用による栽培事業として、平成16年度から、約1ヘクタールの農地で菜花を栽培し、12月頃から市内の漬物業者等に出荷しています。
菜花は、収穫時期の違う秋花と冬花を栽培し、3月中旬頃には菜花の摘み取り園「菜ばなの里」を開園し、家族連れの皆さんに春の野菜の収穫を楽しんで頂いています。菜花は、天ぷら・おひたし・パスタ等いろいろな菜花料理が楽しめます。
3月になると、所々に黄色の花が咲き始め、摘み取り後には、黄色の花が圃場一杯に咲き乱れ、農村の美しい景観を創り出しています。また、当町の道端に咲く菜花は、丹波七福神めぐりに訪れる皆さんにも喜ばれています。

(連絡先 毘沙門営農組合 組合長 渡辺正満    TEL:090-1964-0030)
 
 
 菜ばなの里の開園風景
 
 約1haの畑に10万本の菜花を栽培(見ごろは3月上旬)
   

qrcode.png
http://kameoka-chitose.com/
モバイルサイトにアクセス!
010933
<<千歳町自治会>> 〒621-0002 京都府亀岡市千歳町千歳垣根2の3 TEL:0771-22-0682